小児歯科

子どもの親としての目線で、お子さまにとって、
ご両親にとって納得できる治療や予防を。
キッズスペースなど安心できる環境を整えています。
また、女医による診察や、時間をかけて歯科医院になれていただくプログラム、日常的なメインテナンスの指導、マタニティ歯科まで、小児歯科をトータルに診療しています。

お子さまの治療について

歯医者嫌いになってしまうと、歯が痛くてもそれを隠そうとして悪化させてしまうことがよくあります。症状のまだない時であれば、お子さまも気軽に診療が受けられます。
当院では、お連れになる保護者の方のご都合をうかがった上で、頻繁な治療が難しければその日にできるだけの治療を行い、もし続けて通うことが可能であればゆっくりしたペースの治療をご提案しています。
当院では、お子さまを歯医者嫌いにしない治療を行っています。どんな診療が行われるのかを時には器具に触れながら説明を受けて、その必要性についてしっかり理解することで、幼いお子さまでも納得して診療を受けることができます。
また、すでに歯科医院が苦手なお子さまには、初日は入口から中に入ってみる、2日目はキッズスペースで遊んでみる、3日目は診療室に入ってみる、4日目には診療室の器具に触れてみるなど段階を踏んで慣れていただくプログラムもご用意しています。お連れくださる保護者の方のご協力が大きな役割を果たしますので、まずはご相談ください。

お子さまのむし歯について

お子さまの歯は乳歯と永久歯ともにまだ柔らかく、むし歯が進行しやすいので特に注意が必要です。ごく初期のむし歯であれば痛みのない治療が可能なことも多いため、できれば早めにいらしてください。痛みなどの症状が出る前でしたら、フッ素を塗って様子を見るだけで大丈夫なケースもあります。

むし歯にならないために

治療と合わせて、歯みがきや仕上げみがきの指導も行っています。お子さまのむし歯再発を防止するためには、保護者の方がご自分で行う歯みがきの上達も大きな鍵を握っています。
そこで、お子さまだけでなく、保護者の方への歯みがき指導もおすすめしています。
当院では、仕上げみがきを10歳までは行っていただいています。保護者の方が毎回歯ブラシで仕上げにみがくというのが難しくなりましたら、赤染めでのチェックをおすすめしています。

マタニティ歯科について

当院では、妊婦歯科検診を行っています。ホルモンバランスが変わるマタニティの時期にはお口の環境が変化し、歯周病になりやすいものです。また、つわりなどで通常の食事を摂りにくくなり、ダラダラ食べてしまうケースも多く、そのためむし歯になる可能性も高まる時期です。しっかり検診を受けて、清潔な口内を保ちましょう。
むし歯や歯周病は生活習慣病であり、伝染病です。生まれてくる赤ちゃんと身近に接するご家族がしっかり治療や予防を受けて、いい環境を用意してあげましょう。
また、妊活前に麻酔の必要な歯科治療を受けておき、歯周病やむし歯を防ぐ正しいお手入れをマスターしておくとベストです。

  • Doctor’s File ドクターズ・ファイル
  • 当院のドクターが記事を監修しています。
  • かんたん今すぐネット受付 powered by EPARK
  • かんたん今すぐネット受付 powered by EPARK
  • (046)261・0552 メールお問い合わせ