審美治療

より自然で美しい白い歯へ。

歯を美しく見せる事のメリット

審美治療は、歯の自然な白さや整った歯並びに焦点を当てた歯科治療です。

「歯の色が気になる」「笑顔の写真で銀歯が見えた」「自然な白い歯にしたい」「口もとに魅力がない」こういった歯や口もとに関するお悩みを解決したいとお考えの方におすすめします。

当院では、歯科技工士の経験がある歯科医師の院長が、歯の色、美しさ、周りの歯とのバランス、かみ合わせ、自然な表情、きれいなフェイスラインにまで気を配った審美治療を行っています。

大和駅で審美治療をご希望の方は、当院へご相談ください。

銀歯が気になる方へ

歯科治療には、健康保険が適用できる保険治療のほかに、保険適用外の自費治療があります。

保険と自費の違い

保険治療では、むし歯や歯周病、親知らずの抜歯など一般的な歯科治療に適用されます。
ところが、保険治療では使える材料が決まっているため、「銀歯ではなく白い歯にしたい」という場合などには使えないことが多いのです。

保険では使えない材料を使うのが自費治療です。ただし、保険の適用がないので、比較すると治療費がやや高額となります。詰め物やかぶせ物の素材だけでなく、型取りの材料や歯科用セメントも高品質のものを使えますので、自費治療は美しさだけでなく精度も高くなります。
当院では、保険適用の治療をまずはおすすめした上で、ご希望があれば「白い歯にしたい」「自然な口もとにしたい」とお考えの方に各種の自費治療をご提案しています。コストパフォーマンスを考えたら保険適用の治療とそれほど変わらない治療から、間近に見ても人工物だとわからないほど精巧なものまで、自費治療にもいくつか選択肢がありますので、その中からご希望に沿ったものを選んでいただいています。
人前に出る機会が多いお仕事をされている方、美しい口元をご希望の方、欧米との取引が多いお仕事の方には、特に自然で美しいセラミックをおすすめしています。費用が少し高めになりますので、治療のメリットやデメリットをしっかりご理解いただいた上で、ゆっくりご検討いただいています。わからないことや気になることがありましたら、大和駅の当院にお気軽にご相談ください。

自費治療について

気になる銀歯を白い歯に

保険診療で使用できる素材

硬質レジン前装冠

表面はプラスチックで、内側に金属を使って補強している冠です。かむ機能には問題がありませんが、数年で変色やすり減りが起こったり、歯ぐきが黒ずんだりする可能性があります。金属アレルギーの方には向きません。

パラジウム合金

いわゆる銀歯です。かむ機能には問題ありませんが、見た目に目立ち、歯ぐきが黒ずむ可能性があります。金属アレルギーの方には向きません。

CAD/CAM

歯の形のデータを専用スキャナーでコンピュータに入力して、材料のブロックから精密に歯の形を削りだすシステムです。
ハイブリッドレジンを使ったものが保険適用となり、普及が進んでいます。

※保険適用の条件がありますので詳しくは当院へご相談ください。

自費治療で使用できる素材

オールセラミック

金属を一切使わずに、セラミックのみで製作されたものです。変色せず、自然で美しい色合いを長く保つことができます。金属アレルギーでも安心してご使用いただけます。

メタルセラミック

金属にセラミックを焼き付けて、金属の強さとセラミックの美しさをかなえているものです。変色せず、自然で美しい色合いを長く保てますが、金属アレルギーの方には向きません。

ハイブリッドセラミック

プラスチックとセラミックを混合した素材で作られています。色合いや美しさも優れており、金属アレルギーでも安心してご使用いただけます。変色のしやすさなどの点では、オールセラミックにやや劣ります。

ジルコニア

人工ダイヤであるジルコニアを核とした、セラミックの白い歯です。 丈夫なため、ブリッジにすることもできます。金属を使用しないため金属アレルギーの心配がありません。

被せ物や詰め物を正確に装着させるために。

当院の院長は、歯科医師になる前、歯科技工士としての経験を積んでいます。その経験をもとに、詰め物やかぶせ物の設計から装着まで緻密に配慮した治療を行っています。同僚だった歯科技工士がベテランになっているので、そうした信頼できる技工士とタッグを組んで仕事ができるのも大きな強みです。
また、マイクロスコープを使用して精度のより高い審美治療を行っています。装着に関しては歯ぐきとの調和も重要ですので、腫れが残っている場合には仮歯を装着して炎症が収まるのを待つなどの配慮も行っています。

歯の色が気になる方へ

ホワイトニング

当院では、院内で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニング、そしてそのふたつを併用したデュアルホワイトニングを行っています。ホワイトニングをはじめて行う方には、オフィスホワイトニングをおすすめしています。どのくらい白くなるかには個人差だけでなく、歯によっても変わる場合があります。また安全なものとはいえ、薬剤を使いますので、まずは院内でお試しいただいた方が安心できるという点からもおすすめしています。

大和駅でホワイトニングをお探しの方は、当院へご相談ください。

 

●オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングは薬剤と光を使います。1回で高い効果が得られるので、「この日までに歯を白くしたい」とお考えの方にもぴったりです。ただし、短期間で歯を白くするため、色戻りも早い傾向にあり、まれに知覚過敏が出る場合もあります。また、施術後、24時間以内に色の濃い飲み物や食べ物を摂ると着色しやすいので注意が必要です。

●ホームホワイトニング

歯科医院でオーダーメイドのマウストレーをお作りし、ご自宅でそれに薬剤を入れて装着して歯を白くします。オフィスホワイトニングで問題がなく、頻繁な通院が難しい方、白さを持続させたい方におすすめしています。正しいブラッシングなどのケアを行った後で装着しないと色むらの原因になる場合があります。オフィスホワイトニングに比べて、少しずつ自然な白さになっていきます。

●デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うホワイトニングです。
オフィスホワイトニングは歯の表面から薬剤を塗り、ホームホワイトニングは薬剤を入れたマウストレーを使って歯の中から色を抜くような形のため、短期間で歯の白さがアップし、効果が持続しやすいという特長があります。

 速さ持続性手間費用
オフィスホワイトニング(歯科医院) 20,000円
ホームホワイトニング(自宅) 25,000円(トレー代・ジェル代)
デュアルホワイトニング(両方) 40,000円

 

ガムピーリング

歯ぐきの黒ずみでお悩みの方へ

歯ぐきは、さまざまな要因で黒ずむことがあります。
例えば、喫煙習慣や紫外線による影響、食べ物による刺激や遺伝的な要因などです。この黒ずみはメラニン色素です。
ホワイトニングなどで歯を白くきれいにしたのに、歯ぐきの黒ずみでお悩みでしたらご相談ください。ガムピーリングをすることで、黒ずんでいる歯肉をきれいなピンク色に改善できます。

歯ぐきの黒ずみ除去方法

当院のガムピーリングは、歯ぐきの黒ずんでいる場所に薬液を塗るだけ、処置時間は10秒ほどです。レーザー照射などの場合は照射中に小さな刺激がありますが、薬液の場合はぴりぴりした感覚があります。
ほとんどの場合、薬液を塗った翌日には黒ずんでいた部分が剥がれて、きれいなピンク色の歯ぐきになります。

ただし、長年の喫煙習慣などが原因の場合は1回できれいにするのは難しいことがあり、この場合は定期的な処置が必要です。
歯ぐきのターンオーバーは3〜5日ですので、一度ガムピーリングをしたら次は2週間ほど間隔をあけましょう。

歯の汚れやヤニが気になる方へ

クリーニング

専用の道具で歯を傷つけずに徹底的なクリーニングを行うPMTC、象牙質よりやわらかいアミノ酸のパウダーでプラークやバイオフィルムを効果的に除去するペリオメイトなど、状態に合わせたクリーニングメニューをご用意しています。

特にペリオメイトのパウダーメインテナンスは、超音波や専用のパウダーを使って、より安全に、そしてよりきれいに仕上がるためおすすめできます。
歯の着色汚れやタバコのヤニなどもきれいに落ちるほか、お口の匂いが爽やかになり、歯の表面がツルツルして汚れが付きにくくなります。

  • かんたん今すぐネット受付 powered by EPARK
  • インスタグラム