予防歯科

生涯のQOL(生活の質)向上のために、予防歯科が果たす役割。
「思い切り笑う」「なんでもおいしく食べる」そのためには、歯をはじめとした口内の健康が欠かせません。
大和の当院では、予防歯科は人生を思い切り楽しむための重要なステップと考え、正確なチェック、徹底的なクリーニング、そしてきめ細かい日常のお手入れ指導で口内の健康キープをお手伝いしています。

当院の予防歯科の考え方

健康な歯と歯ぐきをキープするためには、定期的な検診とクリーニング、そして歯みがきなど日常のお手入れが不可欠です。むし歯や歯周病は進行を止めることはできますが、元に戻すことはできません。必要な治療が終わったら、予防歯科で健康な歯と歯ぐきを生涯キープしていきましょう。

「生活習慣」の見直しについて

食事の後や、糖分がある物を飲んだら正しい歯みがきでケアすることは簡単なようですが、意外と難しいものです。ダラダラ食べていると特に歯みがきのタイミングがつかめなくなります。こうした生活習慣を見直して、少しずつできることから修正していきます。
また、歯みがきはどうしても短時間で終えてしまいがちです。丁寧に、みがき残しがないように歯ブラシするのは案外時間がかかります。たとえば、好きなTV番組のCMとCMの間、10分間は口の中に歯ブラシを入れたままにするなどでなれていくという方法もあります。こうした生活習慣をつけることで、無理なく正しい歯ブラシを身に着けていきましょう。

メインテナンス、定期健診のタイミング

最初は数か月に1度、検診とメインテナンスにいらしてください。口内のチェックを行って、必要があれば検査や処置をして、クリーニングやケアの指導を丁寧に行います。
こまめに、丁寧に歯みがきを行っている方でも、チェックを受けるとみがけていない場所がかなりあります。利き手の問題もありますし、角度や動かし方、歯ブラシの状態でみがける範囲がかなり変わってきますし、歯の形や並び方は複雑ですので場所によってみがき方の工夫が必要な部分も多いのです。当院では、患者さまがしっかり正しくみがけるよう、じっくりご指導しています。
日常のケアをかなりしっかり行っても、口内には取りきれない汚れが残っています。歯科医院で行う徹底的なクリーニングでは、こうした汚れも全て落とせます。前回の検診から1年以上経過してしまうと、どれほど歯みがきが上手な方でも取りきれなかった汚れによりむし歯や歯周病になってしまうことが多く、かなり進行してしまうケースも珍しくありません。
正しいケアをマスターして数か月ごとのチェックで問題がなければ、半年ごとにいらしていただいて同様にチェックとクリーニングを行います。

大和駅で予防歯科なら大和駅前歯科へご相談ください。

PMTC

歯を傷つけない専用の器具を使って、歯と歯の間や歯肉と歯の隙間などを含め、口内を徹底的にクリーニングします。歯の表面がツルツルになるため、汚れが付きにくくなります。ある程度の着色汚れやくすみが取れ、口臭が解消するメリットもあります。

スケーリング

スケーラーという器具を使用して、歯の表面に沈着したプラークや歯石などを除去する処置です。歯石は歯みがきで除去することができません。また、歯石はむし歯菌や歯周病菌の巣窟となるため、できてしまったら早めにしっかり除去することが重要です。

・ペリオメイト

パウダーを噴射して歯垢(プラーク)や細菌の塊(バイオフィルム)を効果的に除去できる機器です。柔らかなパウダーを噴射しますので、組織を傷つけずに歯周ポケットなどのメインテナンスが可能です。専用パウダーの主成分はアミノ酸で、粒子がとても細かく、象牙質より柔らかいのが特長です。刃物やチップの手用スケーラーを使用したクリーニングより、ペリオメイトのクリーニングは細菌数が減少したという結果も出ています。

  • Doctor’s File ドクターズ・ファイル
  • 当院のドクターが記事を監修しています。
  • かんたん今すぐネット受付 powered by EPARK
  • かんたん今すぐネット受付 powered by EPARK
  • (046)261・0552 メールお問い合わせ